iPhone13ナイトモードの描写力に魅了される

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

昨年(2021年)の10月にiPhone11からiPhone13へ機種変更しました。 iPhone13で何が変わったのか?気が付いた点を記述したいと思います。

スポンサーリンク

iPhone13で強化されたカメラ機能

iPhone13で強化されたのはカメラ機能でしょう。

センサーシフト光学式手ブレ補正

iPhone13から機能強化されたひとつは手ブレ補正。iPhone12Pro Maxのみに搭載されていた センサーシフト光学式手ブレ補正がiPhone13から全シリーズにセンサーシフト光学式手ブレ補正が搭載されています。

センサーシフト光学式手ブレ補正は撮影者の手ブレをセンサーで感知、イメージセンサーを移動することで光軸を正しく補正します。より綺麗な画像、映像を撮影することができるようになりました。

カメラセンサーの大型化

もうひとつの機能アップはカメラセンサーの大型化で、iPhone12Pro Maxと同じ1.7μmセンサーが搭載されています。大型化したことで1画素あたりの光を受ける面積が広くなり、光量が少ないシーンでもノイズが少ないきれいな画像を撮影することができます。

超広角でもナイトモードで撮影可能

iPhone11にもナイトモードは搭載されていましたが広角(×1)のみでした。iPhone13からは超広角(×0.5)でもナイトモードが働くことです。これにより広い範囲の夜景もきれいに撮影できるようになりました。

ナイトモード実写画像

2022年を迎えた深夜、近所のお寺へ初詣に出かけたので、iPhone13で初詣の光景を撮影してきました。

今回、超広角で撮影してなかったので、広角のみの撮影画像となります。

ライトアップの光だけでかなりきれいな画像が撮影できました。

撮影の際の際はSony α6500を使っていますが、夜間カメラを持ち出していない時でも気軽に夜景を撮影できるのはいいですね。ブログ用画像なら十分使える画像が撮影できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました